TSのマスターズ水泳ブログ

海外にも沢山いたんだなあ・・・ 泳力に関わらず、水泳を愛してやまない「マスターズ愛好家達」が。 そんな水泳愛好家達との国際交流、趣味の旅行やグルメなどをちょっとだけ、ブログに書いて行こうと思います。

カテゴリ:台湾 > 2014第3回日台成人水泳交流合宿

こんばんは!
50歳区分マスターズスイマーのTSです。


昨晩は桃園国際空港に近い中歴に泊まって、

早朝の帰国便であっても睡眠時間を確保しようと計画していたのですが、

うっかりしていたら校外のラブホテルに泊まる事になり、

結果、なかなか寝付ずに結局睡眠不足のまま出発となりました。


2014/05/28


03:50 セットしておいた目覚ましで起き

04:10 タクシーに乗り込みます

04:30 搭乗手続きを済まし出国審査へ進むと・・・


出国審査場入口のドアが開いていませんでした。


誰もいない・・・。


この感じからすると開門は5:00かな・・・


05:00 開門

いち早く出国審査を受けます。


ヤッター!

2014年5月28日

この日、台湾を一番に出国したのは・・・

このわたしく、TSです!

だからなんですか、 

意味の薄い喜びもつかの間、眠すぎです・・・。


お土産買うにもお店はどこも開いておりません。

両替店も開いていません。

よって台湾元はそのまま日本へ持って帰ります。

購入できるのは自動販売機、といっても飲み物のみ・・・。



06:35 台湾発

10:45 成田国際空港到着


機内は行きのワイワイした感じに比べると、

全員爆睡しているので静かです、

というか私も爆睡していたのです。


次回早朝便で帰国する時も台北のホテルに泊まりますよ・・・。 


ということで、無事成田に到着。

【国際交流】第3回日台マスターズ水泳交流合宿(旅行記含む)が終了しました。



ー交流合宿(旅行記)後記 ー

【国際交流】第3回日台マスターズ水泳交流合宿のブログをお読み頂きありがとうございました。
マスターズスイマーもそうではない旅行者も、是非一度は台湾に行ってみて頂きたいと思います。

今回TSは、交流合宿の時は水泳仲間と過ごしましたが、それ以外の殆どの時間は1人で行動していました。
あ、Kさんと林森北路へ2度程繰り出しましたが・・・。

台湾旅行での楽しみは、中華系の食事が上位に来ることと思いますが、ひとり旅では麺と飯を食べるのが精一杯、ひとりだとついつい便利なファーストフードに入りがちです、また夜市でつまみ食いも楽しいですが、本来は円卓で沢山の美味しい料理を頂くのがベストと思います。
その為にはやはり最低8名、10名~12名がベストです。

その内、合宿や水泳大会のツアーではなく、グルメを中心とし少し泳ぐこともできる、といったツアーを計画してみようと思います。

もう、何処に美味しいレストランがあって、どこのプールが奇麗で泳ぎやすか・・・、お勧めしたいところは沢山ありますから・・・。

興味のある方は連絡ください、予約リストに記入しておきます。\(^0^)/

あと、ブログにも書きましたが、台北だけに2泊3日とかだけでなく、少し校外に行かれるといいですね。
凝りもせずまた台湾へ行くと思いますので、その時はまたブログに書いていきます。







 

こんばんは!

50歳区分マスターズスイマーのTSです。
引き続き、【国際交流】第3回日台マスターズ水泳交流合宿について書きます。
といっても合宿は25日で終了しています。
折角だから少し旅行して帰ることにしました。 

2014/05/28

台湾ではエビ釣り、エビ釣りって、よく聞きますが、一体どんな事するのか?

前からいろいろ聞いてはいましたが、いまいちイメージがわかないままでいました。

そして、いよいよ本日行くことに・・・ 

台北駅から地下鉄で 劍潭駅まで、駅からはバスで行きますが、バスがなかなか来ないので駅からはタクシーで・・・

タクシーの運ちゃんにはメモを見せれば直ぐ連れて行ってくれるというので、その通りにします。

途中、故宮博物院を通り過ぎ、少し山を登ったでしょうか、エビ釣り場が連なっている場所に到着しました。

タクシーの運ちゃんは「このエビ釣り場が有名だ、ここには入れ」と 勝手に指定して、中に入れという。

中に入り、何だかわからないうちに餌をつり竿を渡され、あ、一応餌の付け方と釣り方を手振り身振りで教えてくれました。

はは、なるほど、そうですか、では早速と・・・。

Kさんは、2時間で4~5匹 釣れればいい方でしょうと言っていたのでのんびり構えていたら、直ぐにグイグイ引きが来て、吊り上げると、で、でかい、そして、こ、怖い・・・。

釣りなんて普段やらないから、釣り上げたエビにビビっていたら、「しょうがね~な~」 とオーナーらしき方が助けに来てくれました。

TSはゴキブリも殺せないのでこういったのはキツイです。

ま、慣れれば何とかなりまして、結局1時間半で8匹程釣ることができました。

釣ったエビは焼いて、その他オーダーした昼食と一緒に食べます。

49

よく洗い、塩をまぶし串刺しにしてから焼きます。


07

エビは釣れなくても、エビ料理のメニューが沢山ありました。

ま、エビよりチャーハンが旨かったのですが・・・。


取り敢えず一度は体験してみた方がいいと思ったエビ釣り、特に感動するわけでもなく、ホテルに戻りました。


今日は、桃園の水泳協会の理事の方と食事の約束をしていたので、約束の時間である5時にホテルまで戻ります。

ホテルは既にチェックアウトしており、本日は桃園空港に近いホテルへ行く予定です。

理事の方は時間通りに現れ、予約してあるというレストランへ行きます。

シャングリラの前にある自然食が自慢だというレストラン、なんでも食べ放題だそうです。

しかし、こちらは昼にエビをしっかり食べていたので、ほどほどにしておきます。


59


コース料理だけど、初めにグリーンカレーがでて、後はタジン鍋の様なもので、野菜、肉、魚を蒸し焼きにして頂きます。

野菜は店で育てているみたい・・・。


43


以前来た時は洒落たクラブっぽいレストランだったけど、オーナーが変って自然食の店にしたそうです。

前の方が良かったかな・・・。


さて、明日は早朝の便で帰国します。

桃園空港は台北から少し離れているので、理事の方の住んでいる中歴まで連れて行って頂き、そちらの方面のホテルに宿泊することにしました。

中歴からだと桃園空港までタクシーで約20分程度なのです。

理由を説明すると、ホテルを紹介してくれるというので、お任せします。

以前香港の水泳チームを泊めた、安いホテルがあるというので、じゃあそちらでと。


受付でチェックインを手伝って頂き、理事と分れて部屋に入ると、何となく分ってはいましたが、完璧にラブホテルでした・・・。

客人をラブホテルに泊めるなんて・・・


2005年、台湾マスターズ協会から指導者講習会で講師を頼まれた時も、用意されたホテルはラブホテルだったな・・・。

台湾は少し校外へ行くと、家族連れもタブホテルを利用するとは知っていたのでですが、

しかし、ラブホテルって落ち着かないですね。


結局寝つけず、これなら違うホテルにしてもらえば良かったと少し後悔・・。

何とか就寝した頃には帰国日になっていました。


 

こんばんは!

50歳区分マスターズスイマーのTSです。
引き続き、【国際交流】第3回日台マスターズ水泳交流合宿について書きます。

2014/05/26

昨日は交流合宿を無事に終え、一旦 ホテル戻り軽く寝るつもそのまま夜まで寝てしまい一日を終えてしまいました。


今回は久し振りのひとり旅なので2日ばかり旅行するこにしました。

本日向かったのは、温泉地でも有名な烏来(ウーライ)です。

台北駅周辺は人が多いので、ゆったりのんびりできる自然環境を目指し小旅行を決行しました。

台北駅より地下鉄で終点の新店駅まで行き、そこからバスで約30分、なかなか自然豊かな場所に到着しました。

バスを降り、川を渡るとテレビで見たことのある露天温泉を発見。


かなりローカルな雰囲気をかもし出していて、馴染むのに時間がかかりそうです。

ゆっくりと歩きながら温泉へ近づいていきます。

ローカルの人達は、温泉に入って川で泳ぐ。

子供達も川に飛び込み、楽しそうに遊んでいます。


地元の人から「入っていけ」みたいなジェスチャーをしてもらいましたが、水着を持って来なかったので、残念ながら見るだけにしておきました。



24


川沿いの露天温泉を後にして、温泉街を歩き、トロッコに乗って烏来瀑布へと向かいます。

烏来瀑布に近づくにつれ、ミスト効果があるのでしょう、清涼感が嬉しかったです。


29


18

観光商店街でつまみ食いしながらバス停に戻り、バスを待ち、来た時と同じ道のりでホテルまで戻りました。


ホテルに戻ると、Kさんから連絡があり、食事に行くことになります。

食事をしながらKさんに、明日もう一日フリーだけど何かありますか?

と聞けば、エビ釣りは?とのこと。

釣ったエビをその場で焼いて食べるらしいのですが、人気があるらしいのです。

では、明日はエビ釣りに、ということで少し林森北路をぶらついてホテルに戻ります。

噂では聞いていたけど、エビ釣りって・・・。

明日いよいよ体験。






 

こんばんは!

50歳区分マスターズスイマーのTSです。
引き続き、【国際交流】第3回日台マスターズ水泳交流合宿について書きます。

2014/05/25

早朝、公館駅の路上屋台で担仔麺と豆腐で腹を満たし、少しだけ仲良くなった店員さんに別れを告げ、交流合宿の会場へと急ぎます。

本日の予定は次の通り、練習後は場所を変え交流食事会です。

 8:30 集合、歓談

 8:45 プール入場

 8:55 全体体操

 9:00 開催挨拶、トレーニング内容の確認、スイム練習スタート

11:45 トレーニング終了

12:00 移動

13:00 交流昼食会「紅磡餐廳」台北市仁愛路二段145號

15:00 解散


一度一緒に練習すれば、言葉が通じなくても仲良くなれるから、やはりスポーツっていいですね。

水泳って裸同然のお付き合いだからすぐ仲良くなる、とまるでお風呂に入っているかの様に例える人もいますが、実は細かい共通のルールに従って行っています。

思い当たるルールを書いてみますね。

水着の着用
当たり前ですが、水着の着用が義務づけられます。
安全に、しかも清潔感のあるもの、またシャワーを浴びてから入水するというルールもありますよね。

レーンにおいて
左回りだったり、その逆だったり一定のルールに従って狭いレーンをシェアして泳ぎいます。
また追い越し追い越される場合は、お互いに細心の注意を払い安全に、休憩は壁のコースロープ側にて泳者のタッチやターンの邪魔にならない様配慮します。

ペースクロック
通常ペースクロックは両端に在り、同じ動作でタイムを刻んでいます。
インターバル練習はペースクロックに従って、スタート、休憩をとりますので、決して一人の為に動かしてはなりません。
また、泳者はスタート、タッチする時にペースクロックを見ますから、邪魔にならない位置で休憩することが必要です。

安全面
そして何より裸に近い状態ですから、パドルやフィン等を利用する場合は、常に泳者を注意しながら泳ぐことが要求されます。
バタフライを泳いでいる時に、反対側から泳いで来る泳者とすれ違う時は、無意識にも片手掻きになりますよね。

その他いろいろ・・・。


交流合宿に話を戻します。


緊張も和らぎ、言葉が理解できなくてもふざけ合い、笑顔がプールサイドに響きます。

練習は敢えて昨日と同じトレーニングメニュー、そして練習前にと休憩時には丁寧に練習の取り組み方であったり、気をつけるべきフォーム等を説明します。


練習後は交流昼食会会場へ移動します。

人数が少なかったこともありますが、台湾の方達が何台かに分けて私達を車で送ってくれました。

昼食会のメニューは台湾料理のフルコース、台湾の料理は本当に口に合いますね。

昼食後、皆で記念撮影。

1401020405236


マスターズ協会名誉会長から、このスタイルのままでいいから、この交流合宿を継続して欲しいといったありがたい要望を頂きました。

今回集まって頂いた方からも、もっと参加者を増やそうという熱い意見交換もあり、キーワードが生まれました。

キーワードは、”Bigger and Better ” です。

また、来年に開催する事を約束し閉会します。



食事後は一度ホテルに戻り、ひと眠りします。

軽く寝るつもりでしたが、そのまま夜まで寝てしまいました。


 

 

こんばんは!

50歳区分マスターズスイマーのTSです!
引き続き、【国際交流】第3回日台マスターズ水泳交流合宿について書きます。

2014/05/25

昨日は、交流合宿第1日目を無事に終え、その後、足つぼ全身マッサーで癒されまして、台湾水泳旅行を満喫した一日となりました。

2日目の朝、昨日同様早起きし、公館駅の路上屋台へと向かいます。

TSは旅行先で密かに楽しみとしている行為があります。

それは、「滞在している期間、可能な限り同じお店に行くこと」です。

カフェでもレストランでも何でもいいんです。

しかし、チェーン店ではなく、家族経営のお店が好ましいのかな。

そう2回目以降に、「おっまた来たか」といった態度で接してもらえるのが嬉しいのです。

ちょっとしたサプライズですよね。

勿論こちらも、「この店が気に入ったから、また来たんだぜ!」といった感じで店に入ります。

言葉が通じないので、この行為がちょっとした満足感に繫がるのかな。

それに、料理や素材にお金を払うというより、同じお金を使うのであれば、人の行為に対して支払うのが気持いいと思えるのからなのです。

そう、昨日と同じ時間帯に同じ店で同じ店員さんに、軽く挨拶をして席に座ると。

昨日、言葉が通じず苦労してオーダーしたの憶えていたのでしょう、店員さあん同志で「あの人はこれだ」と言いながら作業の末、担仔麺と豆腐がテーブルに並びました。























 

↑このページのトップヘ