TSのマスターズ水泳ブログ

海外にも沢山いたんだなあ・・・ 泳力に関わらず、水泳を愛してやまない「マスターズ愛好家達」が。 そんな水泳愛好家達との国際交流、趣味の旅行やグルメなどをちょっとだけ、ブログに書いて行こうと思います。

September 2017

おはようございます!



55歳マスターズスイマーのTSです。



早速ですが、、TSの台湾は日月潭のレイクスイムの旅2017、6日目(2017年9月26日)の出来事を書いていきます。



この日は国立台湾化技大学の水泳場所にて水泳指導があります。



まずは、早朝5時から。



TSは「5時半に到着すればいいですよ」と言われたのですが、それでも4時半に起床。



早朝の台北を車でかっ飛ばすのは非常に気持ちいいです。



[画像:54c195f3-s.jpg]



 プールには朝早くから人が集まっています。途中仕事に出勤されり方もいれば、一緒に朝食を食べにいく方も。



[画像:6b6983d2-s.jpg]



[画像:8991cf94-s.jpg]



ポーズのリクエストを要望され、久しぶりに恥ずかしい気持ちになりました。



朝食は、朝から並ぶ程の人気店「阜杭豆漿」。
(朝食だから朝からなのは当たり前だろが)



[画像:01e65e04-s.jpg]




[画像:9c88f64a-s.jpg]

 

朝食後、友人が最近オープンしたジムでスポーツマッサージを受け、身体を休めます。



[画像:002e7f19-s.jpg]



そのままランチをジムでとり、再び国立台湾化技大学の水泳場所へ。



今度は午後3時から6時までの間、30分6枠の個人指導。皆それぞれに目標と課題があり非常に関心しました。



[画像:e4478946-s.jpg]



台湾最後の夕食は 、陽明山に在る「椰林溫泉美食餐廳」。



薬膳料理になるのかな?



[画像:826d0df3-s.jpg]



[画像:77d0977a-s.jpg]


折角温泉が在るのに、明日(帰国日)も朝5時から水泳指導が有るので、温泉には浸からずホテルに戻ります。(次の機会にはシッカリ温泉も楽しもう)



つづく



おはようございます。



55歳区分マスターズスイマーのTSです。
随分と涼しくなって来ましたね、昨晩は久しぶりに湯槽に浸かりました。



さて、TSの台湾は日月潭のレイクスイムの旅2017、5日目の出来事を書いておきます。



今日は彰化から台北へと移動、明日から台北で水泳指導があります。



朝、彰化の水泳友達が迎えに来ます。午前中は観光に連れていってくれます。



まずは、「猴山」を登り猿を見に行こうと。しかし、猿はお休みの様でした。


[画像:b64e1811-s.jpg]




続いて、「天空之橋」。南投地区から彰化方面から望みます、谷間に風が吹いていて超気持ちいいです。



[画像:f5de9db2-s.jpg]




[画像:0671e11c-s.jpg]




山を降りてから、「員林水泳場」へ行きました。彰化の水泳友達は毎朝5時半からここで泳いでいるとのこと、TSは存じておりませんでしたが、経営されているご兄弟はTSを知ってるらしく、(次回台湾マスターズ水泳大会でお会いしましょう)と。



[画像:24d69b36-s.jpg]




一昨日一緒に食事したときのおひとり、とても陽気で気配り上手の方の会社を訪問。トラックの会社を運営しています。



[画像:8d823940-s.jpg]




その後、員林の牛肉麺の美味しいお店でランチをしてから、彰化の水泳友達とお別れ、「次回台湾マスターズ水泳大会で台湾に来た時はまた彰化に来てね」と言われました。どこまでも熱烈歓迎な人達なんだなと感謝の意が耐えません。



台北に到着した時は既に暗くなっていました。



一旦台北のホテルにチェックインした後、同行してくれている友達と一緒にホテル近くの「寧夏夜市」へ。彰化の水泳友達が持たせてくれた彰化の名物「肉圓」を屋台のテーブルに広げ、「胡椒蝦」をオーダーします。



[画像:277f4ef3-s.jpg]



明日は早朝より「国立台湾化技大学」にて、ある水泳チームの水泳指導があるにで早めにホテルに戻り休むことにしました。



つづく

こんにちは。



55歳区分マスターズスイマーのTSです。



昨晩、無事台湾から帰国しました。



昨日まで楽しく過ごしてきた台湾でのひととき、引き続き書いて行こうと思います。



5キロのレイクスイムと観光の長いいちにちを終え、彰化の水泳友達が予約してくれていたホテルにチェックイン。



場所は彰化の隣街、「員林」と言う場所でした。



ここは彰化より少し華やか、レストランも沢山あります。将来また彰化で大会が開催されることになったら、ホテルは「員林」に予約しようと思います。(ま、疲れて寝るだけですけどね)



さて翌朝、友達が迎えに来てくれ観光へ出かけます。



まずは、「八卦山」。山の高い所に大仏が…(友達は大仏が好きなかな?)



[画像:c9b61fa2-s.jpg]



おおお~!(大仏の中にも入りました)



[画像:110d7205-s.jpg]



阿修羅?



この後はもちろん、エグザイルのグルグルダンス!(やってません!)



大仏さまの裏には庭(シャレじゃない)があり、台北圓山大飯店に似た中国古来の建築様式の建ものが…



[画像:b07842ab-s.jpg]



途中、甘くつけてある梅や、パッションフルーツ等売っています。



[画像:de57e837-s.jpg]



友達が自家製の梅を持ってきていたから買わなかったけど、汗ばむ陽気にはとても口に合うので、沢山の人が買っていきます。



[画像:db96c092-s.jpg]



そして、台北ではほとんど見かけなくなった光景。だけど地方ではまだまだ健在、トランペット奏者と歌手、ダンサーが歌や躍りを披露しています。



歌はもちろん、「お久しぶりね」(小柳ルミ子)!



[画像:bb635fb7-s.jpg]



この後、「天空歩道」を歩き、台湾の自然植物や景色を見学。



[画像:31e51d2b-s.jpg]



[画像:957afa86-s.jpg]



この後、海鮮料理で人気の高いという地元の食堂でランチするということに…



[画像:8fa84890-s.jpg]



「フカヒレスープ」に、



[画像:89cdb59f-s.jpg]



「アワビ」(パイナップル入っているけど)



[画像:b34538bc-s.jpg]



 「烏魚子チャーハン」。ハイ、大三元揃いました!(意味不明)



ランチ後は、「台湾玻璃館」。硝子工芸の博物館ってところでしょうか。



[画像:1e013e5e-s.jpg]



 硝子博物館をでて、「鹿港天后宮」へと向かいます。



[画像:5a586853-s.jpg]

 

そして、海。



[画像:0343a964-s.jpg]



[画像:65512fc2-s.jpg]



[画像:0aa36979-s.jpg]



最後にもう一度、硝子博物館に。



[画像:f131783a-s.jpg]



[画像:eeb06220-s.jpg]



[画像:c92b9763-s.jpg]



硝子でできてるンですね。(これが見せたかったンだね!)



その後、彰化の水泳友達はTSをホテルまで送り、「また明日も迎えに来るとよ」と言って帰りました。



つづく



おはようございます。



55歳区分マスターズスイマーのTSです。



昨晩は員林のホテルと提携しているマッサージ店に行ったので、身体が少し楽に感じます。



さて、明日の日曜日は本来TSが毎回参加している万人遠泳大会ですが、迎えに来てくれた彰化の水泳友達と一緒にちょっとした旅行に出かけることにします。



まずはまだ何も食べていなかったので、日潭と捕里の途中に在る郷土料理店へ。



[画像:bd95e4ea-s.jpg]



「山芋の入った牛乳スープ」。見た目はウゲゲなのですが、味はとても美味しいです。三つ葉も入っていて、泳ぎ疲れた身体が癒されました。



食後は捕里の「紹興酒博物館」、ここへは日月潭に来る度毎回寄ってます、そして毎回年代物の紹興酒を試飲し、紹興酒がほのかに香るアイスキャンディを食べ、ちょっとしたお土産を買います。もちろん今回もそうしました。



その後は「中台世界博物館」、大きく立派な大仏が沢山展示されています。写真を撮ることが禁止されているので、入り口付近で撮影。



正直、こんな地方にとても豪華な博物館が在るのに驚きです。



[画像:b97985ae-s.jpg]



この後、彰化水泳協会の方が達と合流し、彰化から少しはなtれた山里に在る「黒公鶏」へ。



彰化では過去2回台湾マスターズ水泳大会が開催さているので、協会の方々とは顔馴染みです。





[画像:ad910de7-s.jpg]



文字どおり黒い鶏を扱った料理店ですが、それ以外の料理も大変美味しかったです。多摩地区にお住まいの方ならご存じの方も多いと思いますが、「うかい鳥山」」の様なお店です。



[画像:6e643c7f-s.jpg]



台湾では必ず鶏肉料理をオーダーしますが、ここの鶏肉料理は最高です。蒸したものとスープを頂きました。



[画像:721bdfe1-s.jpg]



山芋のフライとガーリック、ピーナッツ、そして蜂が一緒に炒められていました。



[画像:078cec27-s.jpg]



「えっ、蜂?」…



[画像:c743cef8-s.jpg]



蟹の料理も。



食後は表のテラスでアイスクリームを食べさせる、長いいちにちを締めくくるのに相応しいディナーとなりました。



[画像:bac2ff5e-s.jpg]



[画像:ea5b98d4-s.jpg]



 つづく

おはようございます。



55歳区分マスターズスイマーのTSです。



若干筋肉痛です…




さて、昨日は日月潭の遠泳大会に出場してきました。観光と食事につきましても簡単に書いておきますので、興味の有る方はお読みください。



大会前日、大会当日大がかりな移動を避ける為、スタート地点に近いホテルを予約しておきました。



チェックイン後は、近隣のレストランのテーブルに、湖で捕れるという総統魚と小蝦に小菜を並べます。



[画像:a56a3295-s.jpg]



大会当日の朝は5時半に起床。そのまま6時から行われる選手受け付けへ急ぎます。



ゼッケンはマジックインキで書くのではなく、しっかりシールを貼ってくれましたが、なかなか作業が進まない様です。




[画像:7ea0d193-s.jpg]



そうそう、今回は朝食無し、ウオーミングアップ無しでいきなり5キロのレイクスイムとなりました。それでも「まあいいっか」って位の軽い気持ちで…



しかし、7時に10キロ、7時15分に5キロがスタートするはずなのですが、大会運営の様子を見ていても時間通りに始まる気配は全くありません。さすがに少しづつ焦りはじめました。



[画像:99d7b4da-s.jpg]



中高生の選手達も楽しみにしている大会の様で、皆嬉しそう。



時は満ち、7時15分が過ぎ10キロと5キロの選手が同じスタートラインに立たされます。



ここでTSは知人に、「まさか10キロの選手と5キロの選手が同時にがスタートすることは無いですよね!?」と尋ねると、「それは無いですよ、毎年10キロの後に5キロのスタートですから!」と返事が返ってきました。



(そうか、じゃあまだ焦る必要はないな)と思ったのもつかの間、次の瞬間にスタートの笛が鳴り渡り、ボーッと状況を飲み込めないスイマーがひとり…



何と10キロと5キロの選手達が全員勢いよく埠頭から飛び込むではありませんか。



TSはしばしの間(なんだよこれ~!)と呆然としてましたが、気を取り直し、初めてのレイクスイムが始まりました。



久しぶりで人生2度目の5キロ泳、精神的には楽でしたが身体的に結構辛かったな。



[画像:a15f9020-s.jpg]



完泳後記念撮影。身体は疲れていたけど清々しい気分です、また、上半身裸のままでホテルへ帰れるぐらい、台湾中部はまだまだ暑いのも嬉しいかな。



[画像:9757822b-s.jpg]



ホテルには彰化の水泳友達が「観光に連れていくよ~!」と既に迎えに来てくれていました。ホテルをチェックアウトしてから日月潭を後にします。



ここから先はしばしの間「観光にグルメの旅」。



つづく


↑このページのトップヘ