TSのマスターズ水泳ブログ

海外にも沢山いたんだなあ・・・ 泳力に関わらず、水泳を愛してやまない「マスターズ愛好家達」が。 そんな水泳愛好家達との国際交流、趣味の旅行やグルメなどをちょっとだけ、ブログに書いて行こうと思います。

February 2015

こんばんは!

50歳区分マスターズスイマーのTSです。


昨日のブログでは、世界マスターズのエントリーが開催されたと報告しましたが、

今度は、マスターズではなく、世界競泳についてのお話。


2015世界競泳は、2015世界マスターズ水泳大会が開催される前日まで同じく、ロシアはカザンにて開催されています。

というか、世界競泳の終了後にマスターズ大会が引き続き開催される。


その世界競泳に、彼がグアム代表で出場するニュースが飛び込んできた。

TUNAMIスイムクラブの青木選手、通称ゴリ(ラ)・・・

18499_936299953089135_7318006169164266493_n


早速、彼のコーチ(ツナミスイムクラブ代表)飯島氏に、お祝いの連絡すると・・・


「そうなんです、今までもいけるチャンスはあったのですが、山梨学院大学で全力で頑張らせたかったのと、ワイルドカードで行くのではなく標準記録を突破していくという目標があったので、控えていたのです、卒業するのでいよいよ代表として頑張らせる予定です、現在は私のうちで合宿中です、応援よろしくお願いします!!!」

と直ぐ返事が返ってきた。


山梨学院大学に入学する前、グアムに行く度に彼の練習をみる機会が何度かあったが、元気で、明るく、非常に礼儀正しい。

これらは勿論、彼の性格なのでもあるが、何を隠そう(飯島コーチの指導によるものが大きい)と思われる。


そして何よりリ、強いーダーシップの持ち主でもある。


是非、ワイルドカードで行くのではなく標準記録を突破して、その後はオリンピックで活躍できる選手になってもらいたい。


TSも世界マスターズで頑張ろう!

KEEP ON SWIMMING !!








こんにちは!

50歳区分マスターズスイマーのTSです。


昨日はTSの誕生日、Facabookでお祝いメッセージやコメント等多く頂き、日ごろ友達には、お祝いメッセージやコメントを入れていないだけに、恐縮しながらも、嬉恥ずかしの一日を過ごしていました。


やはり、日ごろ会えない人には、(Facebookで誕生日お祝いメッセージぐらい入れないと・・・)、心を入れかえ実行しよう、と思った次第です。。

早速、本日は知人が誕生日なので、メッセージ入れておこうと思います。(でも何か恥ずかしいんだよな・・・)


さて、いよいよ、今月は17日から2015年ロシアはカザンで開催される、世界マスターズ水泳大会のエントリーが始まりました。


kazan_registration


いろいろ手続きが面倒で、語学の未熟なTSとしては、これから時間をかけ、ゆっくりと読み解きながら手続きを進めて行きたいと思います。


そうそう、TSが旅行会社を通じて予約している、プールから徒歩圏内の絶好ロケーションであるホテルを未だ数部屋持っています、興味のある方は連絡くださいね。

参加せずとも、見学、サポーター、観光のみでもOKです!


さて、バーチャルロットネス以来十分休息をとったので、本日は泳ぎますか!

KEEP ON SWIMMING !!

こんばんは!

50歳区分マスターズスイマーのTSです。

昨日4名のリレー方式で20kmを泳いだ、バーチャルロットネスの興奮冷めやらぬ本日。

軽い超回復を身体に感じながら過ごしていました。


今回、機種変したスマホにて、少しずつですが状況を更新することができましたので、改まって振り返ることなく、今後、このブログを見て興味を抱いた方へ、来年以降参加のお勧めと、アドバイスをしたいと思います。

まず、バーチャルロットネスの20kmを、どうやって泳いだのかを簡単に説明します。

以下、ご参考。



まず決めておかなければいけないのは・・・


1回に泳ぐ距離(一人当たり)

今回、TSのチーム4名は、若干1名不安要素があったものの、もともと泳力の問題は全く無かった。

従って、単純に、ひとり5kmが割り当てられた。


次に、

泳ぐ回数、またそれに応じた距離

を決める必要があります。

大会主催者が推奨するのは、ひとり500mづつ、TS達も(500mを10回泳ごう)と決めていた。


最後は、

泳ぐ順番

と、まあこうなります。



そして、余計なことかもしれませが、打ち上げ会場の予約を入れておいた方がいいですね。


今回は、メンバーが洒落たスペイン料理店(eL MamBo エル マンボ)を押さえてくさていたので、最後の最後まで、本当に充実した1日となりました。


20150222_165550


ちなみに、このスペイン料理店(eL MamBo エル マンボ)は、洒落てる、気の利いたサーブ、料理が旨い、客が皆喜んでい雰囲気良し、(はは~ん、なかなかやるもんだな・・・)と関心しならがら気分よく酔うことができました。

若者が集まり、それほど高級な店で無いにも関わらず、50歳区分を気持ち良くさせる店って、そんなに沢山はないのだぞ、いや関心関心。


話がかなり脱線しましたね・・・


バーチャルロットネスの話に戻しますと。

もしもメンバーに泳力の差や、長い距離を泳ぎたい人、また逆に参加はしてみたいけど、あまり距離を泳ぎたくない人がいれば、バランス良く計画するのが良いでしょう。


あと、計算に入れておく必要があるのは、計時と通告です。


計時はラップタイムを計る人。

TSのチームは、50m毎にラップライムを計測し、予め用意した一覧表に記入していったので、泳いだ距離も直ぐわかるようになっていた。

image


50m毎にラップをとるのは少しせわしく、面倒に思える様に思えるが、泳ぎ終わったあとラップタイムを見直してみると、泳いだ感覚とタイムの上がり下がりがオーバーラップし、

(なるほど、あの時がこうだったんだな)

(疲れて泳いだけど、案外タイム落ちなかったんだな)

(じゃや、後半はこう泳ごう)

なんて考えも浮かび、とても参考になります。


通告は、「あと○×メートル」ってスイマーに告げる人。

ま、計時がやってもいいんだけどね。


あと、なるべく休み時間を作り出す為に、計時は次のスイマーが担当するのがベストです


スイマーが(あと100m)、といった頃には、更に次のスイマーに計時を交代してもらい、泳ぐ準備に入りたいところ、この連携プレーの事前打ち合わせが必要。

トイレから帰ってきたら、(出番待ち)だった、なんでことは避けたいですからね。


今回、TS達は4名で出場したが、10名で出場しているチームもいた。

また、ひとりで3000mを4回も泳ぎ、残りの距離をチームのメンバーで分配していたチームもあった。


TS達のチームの隣には、中学生が練習の一環として泳いていて、5名でひとり1回4000mを続けて泳いでいた。


(選手から初心者まで、幅広いスイマーが楽しく応援しあえる、イベントなんだな)と、改めて思った次第です。



このブログを見て、来年参加してみようと思う人がいたら、是非トライしてみてはいかがでしょうか?


KEEP ON SWIMMING !!












最後にパエリアを頂き、打ち上げも終了。

茅ヶ崎駅から、ほろ酔いの良い加減にて帰宅します。


長距離を泳ぐイベントも、たまにはいいかな♪

image



次回の水泳大会は、香港マスターズ水泳大会。


約1ヶ月あるから、練習頑張りますわ!

KEEP ON SWIMMING !!

お洒落ですね。

打ち上げはスペイン料理です。

ワインを注文しました、美味しいシャルドネを頂きます。

image

↑このページのトップヘ